• 茶室も年の暮れです

    ”一重山尽くしまた又一重 話り尽くす「山雲海月情」” 胸に去来する今年の心の動きや如何に

    DOKAN

  • 灯かりをともしたような------

    蕎麦菜(ソバナ)が一斉に咲きました。うすい紫色が上品です。秋海棠の蕾を添えて。籠花入れのたけひごの細さは相当な技巧者と...

    DOKAN

  • チャレンジ ちょっとこわい〜!

    腕白坊主、じいじの真似して大きな梯子を引っ張り出しては来たものの、「ぼく、ちょっとこわいんだけど〜」

    kaguyafuji

  • 興津・清見寺(せいけんじ)

    この地に越して20年、「近場ほど遠い」を感じ興津を散策。 そんな途中の東海道屈指の名刹、清見寺である。 豊臣秀吉が...

    7643



 


ページの先頭に戻る