地域元気活動

地域・元気活動紹介

2018/12/22

シニアも頑張った国際カラオケ大会

12018国際カラオケ大会22018カラオケ大会


富士宮市国際交流協会主催の2018国際カラオケ大会が12月16日(日)18時〜21時に富士宮市総合福祉会館大広間で開催されました。
富士宮市国際交流協会主催カラオケ大会は市内在日外国人と市民との交流を図るべく企画したもので、毎年末に開催し今年で4回目になります。好評で出場者は抽選により選出しています。
市内の外国人と日本人それぞれ10組が出演し、外国人は日本語で日本人は外国語で歌い自慢ののどを披露し、100人を超える観客と交流の輪を広げました。
競演の中でブラジル人イシダ・シルビアカップルは「今を抱きしめて」を、日本人シニアの篠原・鏡カップルは英語で「ロシアより愛をこめて」をデュエットで歌い特別賞を受賞しました。


2018国際カラオケ大会62018国際カラオケ大会3


特別審査員のホベルトさんは、過去NHK素人のど自慢全国大会で曲目五木ひろしの「契り」を歌い優勝し、現在は歌手として夫婦で活躍しています。
大会後はホベルト夫妻がミニライブを行いました。


(富士富士宮地区特派員 原 義廣)




 


ページの先頭に戻る